快適生活塾ブログ版 ~ファイナンシャルプランと日進市のナビゲーション~ 
平成9年に生活を快適にする情報を発信する『快適生活塾』を開設して10年が経ちました。ブログ版の開設に合わせ地元 愛知県日進市の情報の発信も始めました。(ここに掲載する情報は各自の責任で利用して下さい。当方では利用結果について責任を負うことはできません。)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイナンシャルプランナーの考える“この国のかたち” (1)生活者の視点から


これから数回に亘って“この国のかたち”すなわちこれからの日本の社会のあり方について考えてみたい。
考えるに当たっては、私はFPとして一般家庭の家計のアドバイスに携わっているので、一般家庭(生活者)の視点で、生活者が楽しく豊かに生活を送ることができる“かたち”を考えることにする

私が今までFPとして相談にあたってきた中には、高額な家を建てたために自己破産が視野に入っている方や、自営業で既に自己破産をし再起を図っている方、夫が医師で収入は高いが貯蓄ができず老後の生活が不安な方もいた。勿論全体では普通のサラリーマン家庭が多いのだが、総じて将来に対して何がしかの不安を抱えている。

そこで、安心して暮らせるために、まずは以下のテーマについて取り上げることにする。

・老後の安心
・子作り・子育ての安心
・仕事(収入)の安心


老後の生活が安心できれば、過剰な貯蓄をする必要がなくなり消費が活発になる。また、子作り・子育ての不安がなくなれば少子化対策になる。そして仕事の不安がなければチャレンジする人が増え社会に活気が生まれるだろう。

日本は明治維新以降随分長い間、「国や企業を発展させることで国民の生活を豊かにする」政策を取ってきたが、今では大きなひずみができてしまっている。
生活者の視点から“この国のかたち”を考えるということは、「国民の生活を安心で豊かにすることによって、日本の国を発展させる」ことである。

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nisshin.blog50.fc2.com/tb.php/61-0be97ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。