FC2ブログ
快適生活塾ブログ版 ~ファイナンシャルプランと日進市のナビゲーション~ 
平成9年に生活を快適にする情報を発信する『快適生活塾』を開設して10年が経ちました。ブログ版の開設に合わせ地元 愛知県日進市の情報の発信も始めました。(ここに掲載する情報は各自の責任で利用して下さい。当方では利用結果について責任を負うことはできません。)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンションへの引越しの次の日は、今まで1年半住んでいた賃貸用マンションの明け渡しの日だ。
このマンションの管理会社は、前にアパートを借りていた時の管理会社と同じだ。前回は敷金3ヵ月分が丸々戻ってこなかった。
というよりも、下の階に住んでいた家族は敷金よりも多い額を修理費用として請求されて支払ったそうだ。
我が家も敷金以上の額を請求され、「納得いかない。敷金を戻して欲しい。」と言ったが、千葉県に引っ越したのでその後の交渉ができずウヤムヤのまま敷金が戻ってこずに終わってしまった。

そのような経緯もあったため、私は前日の引越しよりも管理会社による部屋のチェックと修理費用の請求があるこの日を緊張して迎えていた。(納得いかない請求だったら少額訴訟に持ち込むぞ!)
朝から部屋の掃除をし、管理会社の担当の方を迎えた。
心配な点として、下の子が壁につけた青色の絵の具の点々とフローリングに付けたソファーの足の傷があった。(絵の具は完全にこちらの責任だからなぁ。この子は前の千葉県の賃貸マンションでも覚えたての自分の名前を白い壁にマジックで書いている(泣)。しかも間違って!)

担当者は、流石に慣れたもので次々と確認作業をしていった。
結果、
・畳表の貼替      3万円
・クロス貼替(数箇所) 9万円
・部屋のクリーニング  3万円
の計15万円を請求された。

私が「畳や部屋の汚れは通常の使用によるものなので払えない」と一言いったところあっさりと、「では、クロスの貼替の9万円でいいです」と引き下がってくれた。

後から聞いてみると、「会社からできるだけ多くもらってくるように言われている」ということだった。
最近は、少額訴訟制度も整備されたし、通常の使用による汚れについては賃貸人に支払い義務はないとの判例も出ているので、以前よりも弱腰になっているようだ。
しかし、最初は(だめもと?で)ふっかけて、多くの費用を回収しようとする姿勢には憤りを感じる。

まぁ、何はともあれ敷金として預けた22万円のうち13万円が戻ってくることで落ち着いてよかった、よかった。


チェックポイント

□ 賃貸住宅退去時には、管理会社の言い値で修理費用をとられないこと。
  (通常の使用での損傷は大家さん側の負担になる)
  参考:国民生活センター
     http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/200501_1.html

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nisshin.blog50.fc2.com/tb.php/51-93516d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
・日土地、高級賃貸マンションに力-2ブランド軸に開発・ワンルームマンションの賃貸料について・賃貸マンションからの転入居・「所沢駅」利用の賃貸マンション!!・賃貸VSマンスリーマンション どっちがお得?・品川 区 中古マンション・荻窪バス・トイレ別賃貸マンショ
2007/08/21(火) 15:04:12 | マンションがたくさんあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。