快適生活塾ブログ版 ~ファイナンシャルプランと日進市のナビゲーション~ 
平成9年に生活を快適にする情報を発信する『快適生活塾』を開設して10年が経ちました。ブログ版の開設に合わせ地元 愛知県日進市の情報の発信も始めました。(ここに掲載する情報は各自の責任で利用して下さい。当方では利用結果について責任を負うことはできません。)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 逮捕されたライブドア前社長の堀江氏を評価する理由として、「既存の体制、しがらみに果敢に挑戦した」「若い世代に希望を与えた」などが挙げられているようですが、この何年かは楽天やUSEN、ディー・イー・エヌ・エーなど多くのベンチャー企業が輩出しており、一人堀江氏の功績によるものではないと感じます。

 私は、これらの評価に値するのはソフトバンクの孫さんであると思っています。

理由の1つ目は、孫さんが2000年6月に新しい新興市場ナスダックジャパン(現ヘラクレス)を作ったことにより、若い人に起業⇒上場の夢が持てるようになったこと。
2つ目は、YAHOO BBによりADSL接続の価格破壊をもたらし、日本が世界の中でも最も恵まれたインターネット環境の国になったこと。またそれにより多くのベンチャー企業やサービスが生まれたことです。

 最近のベンチャーの歴史を、私なりに3世代に分けて考えると...

第1世代
・主な起業家・・・ベンチャー三銃士
       孫正義(ソフトバンク)、南部靖之(パソナ)、澤田秀雄(HIS)
        私の好きな人達です
・特徴・・・事業を通して社会を変えていきたいという志を持っている
     南部さんは人材派遣市場を作り、神戸の震災の時には商業施設「神戸ハーバー・サーカス」などを立ち上げ復興に尽力した。また最近は新しい農業のあり方を模索しています。
     澤田さんは格安航空券市場を作り、若者の海外自由旅行を容易にしました。

第2世代
・主な起業家・・・重田康光(光通信)、折口雅博(コムスン)
・特徴・・・儲かれば(あるいは時価総額が増えれば)、どんな事業でも良い
     コムスンの赤字を解消するために、人員削減を断行したのは「やさしさ」が必要な介護の世界としてはひどいなと感じました。

第3世代・主な起業家・・・堀江貴文(ライブドア)
・特徴・・・時価総額を増やすためには、見つからなければ何をやっても良い

というように、段々に志がなくなってきているように感じます(全てではないでしょうが...)。


 孫さんの評価もいいものばかりではないでしょう。ですが、私は孫さんは現代の日本に最も大きな影響を与えている1人だと思っています。
マレーシア前首相の演説「もし日本なかりせば」をマネして言えば、「もし孫正義が日本になかりせば、バブル崩壊後の日本はもっと活気を失っていた」

孫さん頑張れ~。株も上げてくれ~。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nisshin.blog50.fc2.com/tb.php/10-d494fd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。