快適生活塾ブログ版 ~ファイナンシャルプランと日進市のナビゲーション~ 
平成9年に生活を快適にする情報を発信する『快適生活塾』を開設して10年が経ちました。ブログ版の開設に合わせ地元 愛知県日進市の情報の発信も始めました。(ここに掲載する情報は各自の責任で利用して下さい。当方では利用結果について責任を負うことはできません。)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイナンシャルプランナーの考える“この国のかたち” (2)老後の安心 年金改革


現在の年金制度は様々な問題を抱えています。

・少子高齢化による将来の支え手(保険料を支払う人)の不足
・年金保険料未納者の増加(年金不信、ワーキングプアによる)
・年金制度への不信
  行政への不信(5000万件の入力不備、無駄遣い、着服)
  理解の難しい3階建て年金
  いくらもらえるかわからない年金
  暮らしが成り立つのかわからない年金
  生活保護>年金の実態(保険料を払わず、老後に生活保護を受けた方が受給額が多い場合がある)

これらの年金不安・年金不信を払拭するには、やはりスウェーデンやオーストラリアのような税方式による基礎年金の改革が必要ではないでしょうか。

今回、年金改革案を考えるに当たっては、
・国は全ての国民に健康で文化的な最低限度の生活を保障する役割を果たす
・保険料の負担と受益をシンプルでわかりやすいものにする。それにより無駄と不安をなくす。
 を基本的な考え方としています。


【年金改革案】
-------------------------------
基礎年金は、1人月額10万円(年額120万円)とする。
その財源は年金目的の消費税とする。

-------------------------------
[“この国のかたち” (2)老後の安心 年金改革]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

ファイナンシャルプランナーの考える“この国のかたち” (1)生活者の視点から


これから数回に亘って“この国のかたち”すなわちこれからの日本の社会のあり方について考えてみたい。
考えるに当たっては、私はFPとして一般家庭の家計のアドバイスに携わっているので、一般家庭(生活者)の視点で、生活者が楽しく豊かに生活を送ることができる“かたち”を考えることにする

私が今までFPとして相談にあたってきた中には、高額な家を建てたために自己破産が視野に入っている方や、自営業で既に自己破産をし再起を図っている方、夫が医師で収入は高いが貯蓄ができず老後の生活が不安な方もいた。勿論全体では普通のサラリーマン家庭が多いのだが、総じて将来に対して何がしかの不安を抱えている。

[“この国のかたち” (1)生活者の視点から]の続きを読む

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。